学生の時にバイトで体験した池袋のセクキャバ

埼玉県の実家、田舎から東京池袋へ出てきて、池袋のある大学へ通っていた時に、お金に困ってセクキャバでバイトをしていました。私の住まいは池袋の西口の北の方で、長屋のようなアパートで生活を営んでいた貧乏学生の一人だったのです。 何とか無事に卒業できたのも色々なバイトをしながら、結局はセクキャバでバイトをしたことにより、大いにお金が入るようになり、装いもスッカリ普通の女の子のようになって、晴れて卒業もできたのです。 案外、女性、女の子というのは男性と異って、東京、特に池袋のような大都会では学生の身分でも存外のお金がかかるものでして、始めはコンビニや飲食店でのアルバイトをしてましたが、時給が1000円程度では月々の収入では全くまに合わず、結局はお金の稼げるような夜のお仕事をえらんでしまったのです。


我が池袋の下宿先の近くのセクキャバでバイト

ところで東京の池袋は、新宿や渋谷と並んで東京でも三大繁華街の一つともいわれ、それはつまり飲食店や風俗店も多いところです。 私の知っている池袋の繁華街というのは池袋の東口と池袋の西口、又は北口に繁華街というか風俗店のお店が多いようです。そして実は、私は池袋の西口に大学通学の為の下宿先があり、其のホンの近場に池袋でも有名なデリヘルやソープ、ヘルス系の風俗街がおおくあります。 そしてその他にもキャバクラやガールズバー、スナックなどの社交的な飲食店も多いのでした。 そして、私は結果として下宿先の直ぐ近くのセクキャバでバイトを始めたのです。 面接の時は、始めキャバクラのつもりでしたが、実際はセクキャバというところであることが判りました。 その時に店長さんの人懐こい話し方、特にキャバクラとセクキャバの違いについて正直に話せれていたことがスッカリ気に入り、結局、体験入店を試みながら始まったのがキッカケでした。実際の仕事というのは、確かにセクキャバというのはキャバクラとは違って、一寸エッチぽいこともありますが、此れはご愛嬌と思えばいい感じでもあり、何より、気楽に仕事が出来る点では、満足してバイトに励んだものでした。

池袋のおっぱいパブでアルバイトを募集中
東京池袋セクキャバ「おっぱぶりーち」サイドメニュー 池袋「おっぱぶりーち」||ホーム 東京池袋「おっぱぶりーち」の料金システム 池袋セクキャバ|女の子一覧 東京で人気の池袋セクキャバ「オッパブリーチ」アクセス情報 池袋セクキャバおっパブりーちの求人アルバイト募集情報へ